表現練習 (理想はプロのような演奏)
menuへ戻る


  いかに相手の心に響いて、相手を動かせるかがポイント。
  心に響いて感情をゆり動かなさいと、感動はないのです。


    自分がもし、こういう演奏を聴いたら、感動がグッと胸に突き刺さる!

    その、演奏者の仕掛け が大きければ大きいほど、
    聴いている人は、どんどん演奏に引き込まれます。



        ▼ (なぜうまくいかないのか? その理由はコレではありませんか?)

  あなたの失敗の理由



子供と大人のレッスンは違う

子供時代 と同じ練習をしてませんか?
練習曲で知識が止まってません? 名曲なのに、自分が弾くと単調な音


        ▼ (ヨーロッパの一流ピアニストの考え方を分析!) 

   名ピアニストの表現



ヨーゼフ・ホフマン

ピアノの天才、ホフマン先生
ウラディミール・ホロヴィッツ ピアノの鬼才、ホロヴィッツ先生
F・F・ショパン ピアノの詩人、ショパン先生
フランツ・リスト ピアノの魔術師、リスト先生


        ▼ (ヨーロッパの一流ピアニストの奏法を分析!) 

   一流ピアニストの奏法



プロも弾き方を間違えてるの?

教科書はあくまで、万人に向けた正論
指の形はプロに学ぶ 場面ごとに柔軟に指の形を変える
アシュケナージの奏法分析 アシュケナージの音の秘密は何か?
ホロヴィッツのピアノ奏法分析 指を寝かせて運動量を少なく
ヨーゼフ・ホフマンの奏法分析 ホフマン奏法の注意点



  ピアノが上手になる★超簡単ヒント集
  
大人の初心者  MENU


 ピアノで悩んでる方へ
  今の練習は大人の練習ですか?

 やさしい楽譜の基礎
  音符が苦手な方はコチラ!

 曲の練習法
  もっとスラスラ弾けるように!

 「ミスタッチ」 の対策
  演奏につまずいたとき

 表現練習
  理想はプロのような演奏

 発表会本番にむけて
  本番でのアガリ防止術

   

     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩

    (姉妹サイト)

   

     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ

  
ページTOPへ戻る