ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  とにかく頑張ることが大事?



    「我慢してがんばれば、いつかは報われるはず!」

    そう言いながら、同じ失敗 を繰り返していたでしょう?


    「もっとスイスイ伸びたい」 と言いながら、一方で
    「でも 練習内容は、今まで通り」 のまま 改めようとしない。

    それって、本当は おかしな話 なのです。

    改革のスタートは、まず 

    今までの思考パターン を修正すること!

          ・
          ・


  頑張ることが大事なのではありません


    たとえ教わっている先生から

    「もっとたくさん 練習してください!」

    と言われたとしても、その言葉は、あまり真に受けないでください。


    たくさん練習するほど 伸びるから
    もっともっと 練習量を増やさないと!


    これで多くの方が 失敗 しているんです!


 えっ? 失敗してるのですか?


    だって、自分自身を振り返ってみてください。



     【練習量のわりに、結果が伸び悩んでませんか?】

    今の自分は、練習量のわりに 結果が取れてますか?

    それとも、練習量のわりに 結果はイマイチ?


  練習量のわりにイマイチ です!
  もっと伸びていてもいいはずなのに!


    そのやり方のままでは、未来はありません。
    どうすればいいと思いますか?


 えっ? もっとたくさん練習する?


    違います!


  今日、1時間ピアノの練習をしました。
  練習前の自分と比べて、どう?

  …… ん~ 変わり映えしないかな?

  その練習を、10日間続けました。
  10日前の自分と比べて、どのくらい上達しました?

  …… ん~ あまり変わらないような。


    失敗している練習 を増やしても、結果は変わらないんです!



  「練習が的外れ」 だと 練習量が跳ね上がりますよ!


   私は、何も考えないで、「ストレス解消!」 とばかりに
   ピアノを弾きまくるのが好きだな~

   結果よりもプロセスの方が大事


    確かにそうですね。

    でも、発表会やコンクールで失敗した後も、同じコトが言えますか?


  えっ?  (そこまでは考えてなかった)


    本当に問題がある人って、

    練習時間が少ない人 ではなく、むしろ 練習をやりすぎてる人 なのです。


    練習依存症 の人のほうが、さらに深刻!


  えっ? どうしてですか?


    だって、考えてみてください。

    元々 何時間も練習 しているのに、
    努力のわりに 結果が伴わない人って、どうすればいい?


  さあ・・・


    ほらね、解決法が分からなくて、困ってるでしょう?

           ・
           ・

    本当に大事なことって、

    目の前の失敗を確実に修正する 「学習能力」 なのです。




  自分と逆の意見に注目  (誰でも知ってる答え ではガッカリでしょ?)

  
大人の初心者  大人の初心者


練習しても上手にならん
  「ただ頑張るだけ」 はダメ

犬とワンワンの話
  大人なのに子供みたいな練習

いつも同じところでミスする
   なんで私は出来ないの?

ムキになって練習してる
  できなくてイライラ!

とにかく頑張ることが大事
  「結果だけ」 変えたい

自分と逆の意見に注目
  誰でも知ってる答え ではガッカリ

   

     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩

    (姉妹サイト)

   

     

     初見のHPへ


    
(姉妹サイト)

  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ

  
(大人の初心者)