ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  犬とワンワンの話! (大人なのに子供みたいな練習)
menuへ戻る


  今はまだ下手だけど、

  何度も練習をするうちに、自然に指も滑らかになって
  ミスもだんだん減ってきて、表現も上手になっていくだろう!


    と 甘い幻想 を抱いていませんか?

           ・
           ・

    何回繰り返したか? 何時間やったか? は関係ありません。

    その練習の結果、何が修正されたか? なのです。


  ええっ? でも子供の頃の先生は、上達は練習量 だって・・・


    それは、 「知識の完成形」 として教わったものですか?

    入門者へのガイドライン 程度の扱いではありませんか?


    どう練習すればいいかワカラナイ、小さな子供へのガイドラインとして。

            ・
            ・

    たとえば、幼児の頃は犬を 「ワンワン」。 車を 「ブーブー」 と教わります。


    小さい子にいきなり 「イヌ」  「ジドウシャ」 と言って聞かせても、

    いきなり 「イヌ」 では難しいですから、
    最初は 「ワンワン」 と教えるほうが、理にかなっています。


    しかしそれは、「知識の完成形」 ではありません。

    後になって修正が必要となる知識。

            ・
            ・

    小学生になってからも、いつまでも 「ワンワン」 なんて言ってたら
    周りに子供扱いされますので、ある日を境に、


    「今まではワンワンと言ってたけど、これからは犬と言おう!」

    と知識を修正されると思います。


    最初に教わった知識が、数年後に訂正される。

    これは、仕事でも、心当たりありますよね?



    【新人時代】

   自分で勝手に判断しないで、なんでも周りの人に相談しろよ!
   ホウレンソウ! 報告・連絡・相談だぜ!



    【それから3年後】  (正反対のことを言われてる)

   いつまでも人に頼ろうとするな!
   まずは自分で考えて行動しろ! 応用力をつけろ!



    それはいっけん、矛盾のように感じますが、
    実は、その時々の立場からは、その教わり方で正解なのです。


    新人時代にいきなり、 「自分で判断しろ!」 では、失敗が起こります。

    でも、いつまでも人に頼っていては、成長がありません。

            ・
            ・

    同じコトが、ピアノでも起こるのです。


    実際、ピアノの先生が 「自分で使っているテクニック」 と、

    先生が、「子供に教えてるテクニック」 は、全く違うのです!



  子供への一時的な教え方の例 (ほかにもたくさんあります)


  【練習編】

 ・  できないときは? … 何回も繰り返そう
  (リピートの回数勝負)
 ・  実力向上とは? … 練習曲が先へ進むこと
  (友達より進みが早くて嬉しい)


  【音符編】
 ・  ♪が読めるとは?  ドレミと言えること
  (基準音から数える)
 ・  曲の練習は? … まずはドレミと歌いながら練習
  (片手ずつ→ 合わせ練習)



  【表現編】

 ・  曲の表現とは?  指示を守って、感情を込める!
  (楽譜の指示通りに弾く)
 ・  ピアノが上手いとは?  基礎力があること!
  (音の粒を揃えて弾ける)



  【ペダル編】

 ・  ダンパーペダルは?  小節線で踏み換える!
  (あるいは、全く使わない)
 ・  ソフトペダルは?  ppの時に、サイレンサーとして
  (あるいは、全く使わない)

    ここに挙げた例は

    全て、後になって修正が必要となる知識。



  私は間違ったことを教わってたのですか?


    そんなことはありません。

    それはいっけん、矛盾のように感じますが、
    実は、その時々の立場からは、その教わり方で正解なのです。


   ピアノの先生は、知ってることを 全部言うのではなく

   相手に合わせて、言う内容を変えているのです


    初心者相手に 「上級者」 のようなレッスンでは
    間違いなく初心者の方は、ついてこれずに混乱しますから、

    その人の実力&理解力に合わせて、先生は言うことを変えているのです。

            ・
            ・

    ですから、小さい子のレッスンなら、

    一時的なガイドライン のほうが分かりやすいでしょう。


     問題は その後!!


    その先の世界があるなんて、知らなかったから、
    大人になっても、「ワンワン」 や 「ブーブー」 と言ってしまっている。




  いつも同じところでミスする (なんで私は出来ないの?)

  
大人の初心者  大人の初心者


練習しても上手にならん
  「ただ頑張るだけ」 はダメ

犬とワンワンの話
  大人なのに子供みたいな練習

いつも同じところでミスする
   なんで私は出来ないの?

ムキになって練習してる
  できなくてイライラ!

とにかく頑張ることが大事
  「結果だけ」 変えたい

自分と逆の意見に注目
  誰でも知ってる答え ではガッカリ

   

     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩

    (姉妹サイト)

   

     

     初見のHPへ


    
(姉妹サイト)

  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ

  
(大人の初心者)