ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  なぜ 通し練習 偏重になってしまうのか?
menuへ戻る


    部分練習 は、今後の実力のベースとなるものです。

    部分練習 なのに、合格条件 を甘くしてたら、
    そもそも 「持ち点アップ」 の練習にはなりませんから

    部分練習のときは、100点を狙うことが正解です!

    それなのに、


  曲の形が見えないとつまらないから、
  早く全体を通して弾けるようになりたい!


    部分練習はそこそこに、通し練習で勝負!

    となっていませんか?


    その失敗は 「初見」 が出来ない頃のクセ が原因だったのです!



  その勝算は、どこからきてるのですか?


  通し練習 になると、わあ大変だ! とビビってるのに
  いざ弾き始めると、流れに乗れば、弾けるかも? と期待してる!

  ・・・・・・その勝算はどこから?


  部分練習の時期は、ミスばかりだったけど、
  通し練習に入れば、きっとうまくいくはず! 曲の流れに乗れば!


    その勝算は、どこからきてるのですか?


  えっ? なんとなく!


    実際は全然上手くいかずに、目の前でミスばかり繰り返しながら、

    その 通し練習 でも 「大変な練習」 はどんどん先送りして・・・・・・


  今はまだできてないけど、仕上げの時期 が勝負です!


    【今までの練習の失敗例】

   1. 練習初期のミスは仕方ない!
   2. 中盤以降の練習で、ミスを減らして
   3. 勝負はラストです!


    仕上げの時期に、全部まとめて修正しよう! という考え方は、

    未完成な部分をそのままに、「先に進みたい!」 という強烈な誘惑となります!


    その結果、「大変な練習」 はどんどん先送りされ、

    その先送りされた間に ミスのクセ がどんどん上塗りされてしまうと、
    事態は 最悪の方向へ進みます!

            ・
            ・

    練習初期に ミスのクセ をつけて、後から練習量で取り除く


    そこから先は 必要な練習量 が、雪だるま式に増えてしまいます!



  初心者時代の 練習の手順 が原因


    「初見」 が出来なかった頃 は、簡単な曲さえ、覚えないと弾けませんでした!


    【初見がデキナイから】

   部分練習 で音を覚え
   通し練習 で流れの確認!

           ・
           ・

    すると、「部分練習 の時期」 というのは、
    本格的な練習に入る手前の 「覚えるための練習」 という扱い で、

    部分練習 に、必要以上に時間がかかってしまうと、それは


  覚えるのが遅くて、「通し練習」 に進みたいのに、まだ進めない!
  練習が停滞している!


    と感じてしまう!

    だから、スイスイ 「通し練習」 に進みたくて、部分練習 は甘いまま合格!


    しかも・・・・・・



  「部分練習」 に戻ると、敗北感がある!


    いったん、 「通し練習」 に進んだ後、
    苦手な部分に対して、また 「部分練習」 に戻ると、自分の中で敗北感!


  やり直しの練習に 戻らなければいけない、ダメな自分が、嫌!

    (だから、なるべくなら、通し練習のまま、なんとかしたい)

           ・
           ・

    こうやって、自分の感情 に従ってしまうと、
    どんどん、おかしな方向に流されてしまって・・・・・・


  デキナイのは、まだまだ練習量が足りないのかな?


    と、練習量ばかり、雪だるま式に増えてしまう!




  曲の練習法  (ピアノの練習って、何をどうすればいいの?)

  
曲の練習法  曲の練習法


曲に必要な練習量は?
   目標曲の練習量の目安

曲の難易度
  私は普通の人と比べてどう?

   

初心者にありがちなこと
   昔の失敗に戻ってませんか?

初心者の失敗例
  絶対にやってはいけない練習

なぜ通し練習 偏重なのか
  初心者時代の 練習手順 が原因

   
 魔法の裏技

   

  ほかにもうまい方法はない?

     

  正当派の教え方なので安心

  
曲の練習法