ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  指の動きをパターン化して再現性を高める
menuへ戻る


    曲の練習 を始めるとき、

    ほとんどの人が引っかかってしまう、代表的な失敗例 があります。 それは?


  音を拾いながら、普通に何度も繰り返す!


    これは、絶対に避けたい 代表的な失敗例 です。


    そのような練習だと、
    費やした時間 のわりに、なかなか 指の動き が覚えられず、

    学習効果 が低くなってしまうのです!

           ・
           ・

  指の動きをパターン化して再現性を高める


    【部分練習】

  「音を拾おう」 とするのではなく
  「指のズラし方」 をインプットしてください!


    曲の一連の流れは、「直前からどうズラすか?」 の連続でしかありません!


    音の流れではなく、直前の音からのズラしかた (指の軌道) で覚えて、

    ココからココにどう動くか?
    この幅だ! というのを見つけたら、その感覚をリピートで身体に刻む!

    練習を通して、正解の動き を パターン化!

    指の動きをパターン化して再現性を高める

           ・
           ・

    部分練習のリピート は、このためにやるのです!



  テキトウに試し押しをしてませんか?


  ミスしたくない と言いながら、目の前の練習は、

  音符を読むのが面倒で、ここかな? エイヤッ! と 試し押し!


    間違えたとき 「当てずっぽうで隣りのキーを、押し直す!」 と

    テキトウに試し押しをしてませんか?

    (それは、ミスから何も学習していない、その場しのぎの状態)


    弾いて 間違ったとき

    耳で×を感じても、当てずっぽうで隣りを押さないでください。


    試し押し で正解を拾ったときは、ミスから何も学んでいません!


         ・
         ・

    ミスタッチの原因は、「指の感覚のズレ」 なので、
    その ズレた感覚 がピタッと合うように、


    【部分練習】

  「音を拾おう」 とするのではなく
  「指のズラし方」 をインプットしてください!


    集中的に この幅だ! というのを身体に刻み込むのです!


   関連リンク……いつも同じところでミスしてしまいます!




  右上 のメニューをご覧ください

  
曲の練習法  曲の練習法


曲に必要な練習量は?
   目標曲の練習量の目安

曲の難易度
  私は普通の人と比べてどう?

   

指使いは「部分練習」で確定
  弾きやすい指使いの覚え方

パターン化して再現性を
  テキトウに試し押しをしてない?

「毎回ミス」 のつぶし方
  システム的に、ミスを防ぐ

苦手克服の5つのポイント
  何度練習しても、またつまずく

1段ごとに必ず合格を取る
  5回で1セット (5連勝 を目指す)

初心者の 「部分練習」
  成功が幻にならないように!

   

     

  魔法の裏技


  全国レベルの先生が解説してます
  当HPと併用 すると 効果倍増




     

   管理人の教室


  直接習いたい方はコチラです
  特に 大人のため のレッスンです

  場所は、新宿 (中央線) から8分


  
曲の練習法