ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  子供と大人のレッスンは、全然違います!
menuへ戻る


  CDのように 美しく弾きたいのに、私が弾くと
  単調で、ツマラナイ演奏 になってしまうのは、なぜですか?


    子供の頃 「ピアノを習った経験」 のある方は、

    当時は 練習曲 を使っていたと思います。


  【練習曲の時のルール】


    まず最初に、課題 (次は6番をやってきてね) を指定されて、
    それに対して1週間、自分で練習!

    次のレッスンで、先生の前で弾いたとき、


  1. 間違えずに弾くこと
  2. スラスラ弾くこと


    両方できていたら 「簡単な表現」 も教わって
    課題に マル がついたら、次へ・・・・

           ・
           ・

    ところが、大人になって 「練習曲」 ではなく 「名曲」 を扱うように
    なってからも、

    いつまでも 「練習曲の時」 と同じ意識でいませんか?



 名曲なのに、「練習曲」 みたいなアプローチ!


    今から弾きたい曲は、

    子供の頃のような 「練習曲」 ではなく、歴史に名を残す 「名曲」 ですよね?


    すると当然ながら、その 「名曲」 に対しては、
    子供の頃の 「練習曲」 とはアプローチ法が全く変わってきます。

    なぜなら?


  1. 間違えずに弾くこと
  2. スラスラ弾くこと


    このやり方って、「名曲を美しく弾く」 ための練習法ではなく、

    「練習曲を、次の番号へ進める」 ための練習法 なのです!


  えっ? そうなのですか?


    その練習の結果を、よく振り返ってみてください。

           ・
           ・

    おそらく 「楽譜通りに、間違えずに弾くこと」 までで終わってしまい

    その先の 「音楽を表現する」 まで至らなかったと思います。


    子供の頃は、曲の表現 って
    「mp」 や 「<」 などの記号を守ること だと思ってませんでしたか?


   【練習曲の表現】

   1.楽譜の記号を守って、感情を込める

   2.それを補足する、
     先生から言葉の指示 (書き込み) も守る


    子供の頃はいいのです。

    あの頃は、稚拙な演奏 もご愛嬌!


    しかし、いつまでも 子供の頃のクセ が抜けないと、扱う曲が名曲になっても


     練習曲を、メトロノームにあわせて、カチカチ弾いてる感じ
     単調な弾き方で、抑揚や変化がない

     (あるいは、変化がアカラサマすぎ)


    それって、 「練習曲を、次の番号へ進める」 ための弾き方 でしょう?

    人を感動させるための弾き方ではなく、
    レッスンの場で 先生に ○ をもらうための弾き方。




  練習曲で知識が止まってる  (名曲なのに、自分が弾くと単調な音)

  
表現練習  表現練習


大人のレッスンは違う
   子供時代 と同じ練習してない?

練習曲で知識が止まってる
  名曲なのに、自分が弾くと単調


   


ヨーゼフ・ホフマン
   ピアノの天才、ホフマン先生

ウラディミール・ホロヴィッツ
  ピアノの鬼才、ホロヴィッツ先生

F・F・ショパン
  ピアノの詩人、ショパン先生

フランツ・リスト
  ピアノの魔術師、リスト先生


   


プロも弾き方間違えてる?
   教科書はあくまで、万人への正論

指の形はプロに学ぶ
  場面ごとに柔軟に指の形を

アシュケナージの分析
  アシュケナージの音の秘密

ホロヴィッツのピアノ分析
  指を寝かせて運動量を少なく

ヨーゼフ・ホフマンの分析
  ホフマン奏法の注意点







     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)



     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ


    
(姉妹サイト)
  
表現練習