ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  ミスをしないでくださいの理由 (サボったことを怒られた)menuへ戻る


    子供の頃は、先生から、

    「ミスをしないでください」 と言われていたと思います!


  確かに、ミスすると怒られました!


    でも 子供の頃って、ただ単に 「次回までの範囲」 を指定される

    ノルマ形式 のレッスンだったので、


    指定された課題に対して

    次回のレッスンまでに、すでに弾けてないとダメ と言われていただけなのです!



  ミスしたこと を怒られたのではなく、サボったことを怒られた


    「次回までの範囲」 を指定されて、
    ここまで弾けるようになってきてね!


    そう言われて、じゅうぶんな練習期間もあったのに、
    うっかり油断して練習をサボってしまって、練習が間に合わなかった!

    (その結果、先生の前で、ミスを連発してしまった!)

            ・
            ・

    すると、先生の目には 「練習不足」 がクッキリ映るわけですから


    「ミスをしないでください」 そう言われます。


    それに対して、多くの人が


  ミスを 怒られた! 


    と  勘違い してますが
    本当は ミスを怒られたのではなく、練習不足 を怒られた のです!


    だから、ミスの指摘 だけでなく、この言葉もセット だったでしょう?

    「もっとたくさん 練習してください!」


    練習不足 を怒られた証拠 ですよね!

    多くの人が、 ピアノってミスしちゃダメなんでしょう? と勘違いしている理由は

    「ミスをしないでください」 という言葉を、そのまま受け取ったからなのです。


    本当は ミスを怒られたのではなく、練習不足 を怒られた のです!




  エンドレスのモグラ叩き

  
ミスタッチ  ミスタッチ


毎回ミスとアクシデント系
   ミスは2種類あるのをご存知?

事前対策が取れる ミス?
  普段は出来ているけど、今回だけ

パーフェクト目指してない?
  1度もミスしないように


   


常に、パーフェクトを
  ピアノは、ミスしてはいけない

ミスをしないでください
  サボったことを怒られた


   


エンドレスのモグラ叩き
   ミスした場所 しか見えてない

パーフェクトの自信ある?
  なのに気合いで 乗り切ろうと

伴奏の対処法!
  ピアノソロでも 同じなのです

ミスからの復帰の早さ
  一個のミスが 一個で済む


   


相手との実力差を
   野球で言えば コールド勝ち

プロは絶対ミスしない
  ミスを見抜けてないだけ






     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)

  
ミスタッチ