ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  いきなりパーフェクトを目指してませんか?
menuへ戻る


    子供がやるような練習 の特徴と言えば、

    学習効果の低い、行き当たりばったりの練習 です!


    ミスしたところをいったん弾き直しながら、次に進んで、
    「同じ練習」 を何回か繰り返すうちに、練習の終了時刻になって、

    「今日もたくさん練習したから終了!」

         ・
         ・

  いきなりパーフェクトを目指してませんか?


    子供の頃、「ミスしないで弾いてください!」 としか
    言われてこなかった人は、思い出してください。

    「ミスしないように弾こう!」 と思って、本当にミスが止まるならいいのです。

    思惑通り、ピタッと止まるなら。

    実際はどうですか?

          ・
          ・

    練習のほとんどを、ミスをなくす練習に費やしながら・・・


  練習初期……ミスしないように
  練習中期……ミスしないように
  練習後期……ミスしないように


    なのに、最後までミスが残って、

    発表会本番で、ミスをしてる自分がいませんか?

         ・
         ・

    「ミスしないように弾こう!」 と思って、本当にミスが止まるならいいのです。
    実際はどうですか?


    止まってない!


 でも、ノーミスで弾くことも大事だと思います!


    やってもできないうちは、まだ挑戦しないでください!

    自分の実力が上がって、仕上げの時期が近くなって、
    「今ならできそう!」 と思えるまでは、待つ!

    だって、手順を飛ばしすぎて、そのテーマへの挑戦が早すぎませんか?

         ・
         ・

    そもそも 「最初から最後まで、1度もミスしないように弾こう!」 って、

    完成目前の、「仕上げの時期」 のテーマでしょう?




 常に、パーフェクトを

  
ミスタッチ  ミスタッチ


毎回ミスとアクシデント系
   ミスは2種類あるのをご存知?

事前対策が取れる ミス?
  普段は出来ているけど、今回だけ

パーフェクト目指してない?
  1度もミスしないように


   


常に、パーフェクトを
  ピアノは、ミスしてはいけない

ミスをしないでください
  サボったことを怒られた


   


エンドレスのモグラ叩き
   ミスした場所 しか見えてない

パーフェクトの自信ある?
  なのに気合いで 乗り切ろうと

伴奏の対処法!
  ピアノソロでも 同じなのです

ミスからの復帰の早さ
  一個のミスが 一個で済む


   


相手との実力差を
   野球で言えば コールド勝ち

プロは絶対ミスしない
  ミスを見抜けてないだけ






     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)

  
ミスタッチ