ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  伴奏のときのミスの対処法!
menuへ戻る


    子供の頃、ピアノレッスンの経験がある人に、

    「ミスしたときって、先生にどう教わってましたか?」 と質問すると、

    大抵返ってくる答えは、


    【止まって弾き直し】
    ミスしたらもう一度、手前から弾き直してね!
    そうしないと、ミスのクセ がついてしまうから!

    ところが、「それを守った結果どうなりましたか?」 と聞くと・・・

    別のミスのクセ がついているのですよね。


  たとえ止まらないで弾きたいと思っても、ミスすると
  無意識に、弾き直してしまいます


    心当たりありませんか?



  練習はやったとおりにインプットされます


    練習は やったとおりにインプットされます。


    「ええとぉ・・・」 と言いながら、半分止まりながらインプットしていたら、

    スラスラ弾きたいと思ったときも 「ええとぉ・・・」 に悩まされますし


    ミスのたびに 「今のはナシ! もう1度最初から!」 と言ってたら

    スラスラ弾きたいと思ったときも、ミスで、うっかり止まってしまう!


  えっ? 練習ではそうでも、修正された形 で記憶されないのですか?


    そんなわけありません。 練習は、やった通りに記憶されるのです。



  「伴奏」 では 「ミスからの復帰法」 から教わります


    ところで、 「ピアノソロ」 ではなく 「伴奏」  としてピアノを弾く時は、
    真っ先に ミスからの復帰法 を教わります。


    伴奏の時に一番重視されるのは …… 「弾きながら復活させること」


  ・ ミスしてもいいから 止まらないで!
  ・ 音を省略してもいいから 止まらないで!
  ・ 何があっても、そのまま弾きながら復活させて!

    「伴奏」 であるピアノが、

    ミスで勝手に弾き直したり、テンポが安定せずにフラついてたら、
    他の人が混乱してしまいますから、


    何があっても、周りのペースを乱さないこと!


  でも、それって 伴奏の練習法 ですよね?
  ピアノソロでも同じなのですか?


  実は、ピアノソロでも同じなのです!


    【練習初期】

    ミスしたらもう一度その手前から弾き直してね!
    そうしないと、ミスの癖がついてしまうから!


    はじめの頃は、確かにそう言われていたかもしれません。

         ・
         ・

    ところが発表会などの本番が近くなるにつれ、

    子供の頃の先生も、言うことが変わってきませんか?


    【本番直前】

    ミスしても、止まって弾き直さないで!
    たとえミスしても、そのまま弾きながら復活させて!

  あれ? 伴奏のルールと同じ!


    止まって弾き直していいのは 「部分練習」 の時期だけ なのです!




  ミスからの復帰の早さ
  
ミスタッチ  ミスタッチ


毎回ミスとアクシデント系
   ミスは2種類あるのをご存知?

事前対策が取れる ミス?
  普段は出来ているけど、今回だけ

パーフェクト目指してない?
  1度もミスしないように


   


常に、パーフェクトを
  ピアノは、ミスしてはいけない

ミスをしないでください
  サボったことを怒られた


   


エンドレスのモグラ叩き
   ミスした場所 しか見えてない

パーフェクトの自信ある?
  なのに気合いで 乗り切ろうと

伴奏の対処法!
  ピアノソロでも 同じなのです

ミスからの復帰の早さ
  一個のミスが 一個で済む


   


相手との実力差を
   野球で言えば コールド勝ち

プロは絶対ミスしない
  ミスを見抜けてないだけ






     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)



     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ


    
(姉妹サイト)
  
ミスタッチ