ピアノが上手になる超簡単ヒント集


楽譜に慣れるトレーニング

 CDを聴きながら、
 楽譜を目で追う練習

 楽譜を見ながら、頭の中で
 曲をイメージする練習


内容 所要時間
 1. CDを聴きながら、楽譜を目で追う練習 5分
 2. 音符と鍵盤を一致させる練習 5分
 3. 「♯」や「♭」の多い調への対策 5分
 4. 絶対音感の練習 5分
 5. 頭の中で、演奏のシミュレーション 10分

    1.CDを聴きながら、その楽譜を目で追う練習の解説


 練習目的


      オリジナルテンポでの、楽譜の読み取り速度 に慣れること。

      普通に練習していると、「自分のできる速さ」 でしか音符を読まないので、
      難しい楽譜に出会うと、止まったり、ええとぉ・・・の演奏になってしまいます。

      難しい楽譜でも、普通にサラッと弾けるようになるには?

      まずはその、

      オリジナルテンポでの、楽譜の読み取り速度に、目を慣らすこと

      から始めます。


  速いテンポに目を慣らすトレーニング


      CDを聴きながら、その曲の楽譜を目で追ってみます。

      最初は、かなり速い速度に感じるでしょう。
      えっ、こんなに素早く進んじゃうの? 速すぎる! と。

      慣れるまでは、最初の数行程度で
      「あれ? 今どこ弾いてるの?」 と見失うかもしれませんが、

      もし途中で見失ったら、CDを止めて最初からやり直し


      そのテンポで、音符を目で追うことさえ危ういのに、
      指定テンポの速さで、初見で弾くなんて無理ですから、

      このトレーニングで、素早く譜面をなぞる訓練 を積みます。

              ・
              ・

      この訓練は、 楽しい訓練 ですが、意外な効果もあります。

      それは、続けていくに従い、
      「音符アレルギー」 が少しずつ克服できていくのです。

      音符アレルギーは、普段、音符を見慣れていないことが原因ですから、
      この訓練を通して、楽譜を見慣れることで、

      「音符への抵抗感」 が薄れていくのです。

      所要時間の目安は 5分程度です。




 音符と鍵盤を一致させる  (楽譜から鍵盤を想像する!)

  
音符の読み方  音符の読み方


初見の天才になりたい
   初めて見た楽譜もいきなり弾ける

初見のためのトレーニング
  初見大王になるためのメニュー

楽譜に慣れるトレーニング
  CDの読譜速度に、目を慣らす

音符と鍵盤を一致させる
  楽譜から鍵盤を想像する!

「♯」や「♭」の多い調
  指が勝手に黒鍵へ動くように!

「ドレミの歌」で絶対音感
  楽譜を見れば、音がイメージできる

演奏のシミュレーション
  初見大王を目指すトレーニング


   

     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩

    (姉妹サイト)

   

     

     初見のHPへ


    
(姉妹サイト)

  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ

  
(音符の読み方)