ピアノが上手になる超簡単ヒント集


音符と鍵盤を一致させる練習

 指が頭を超える反応!
 条件反射を磨きます

 また、手元を見なくても弾ける
 イメージ訓練も!


内容 所要時間
 1. CDを聴きながら、楽譜を目で追う練習 5分
 2. 音符と鍵盤を一致させる練習 5分
 3. 「♯」や「♭」の多い調への対策 5分
 4. 絶対音感の練習 5分
 5. 頭の中で、演奏のシミュレーション 10分


    2.楽譜を見ながら、頭の中で曲をイメージする練習の解説


 練習目的


      「音符の図形」 と 「鍵盤の位置」 がピタッと一致し、
      読み取った音符が、ダイレクトに鍵盤の動きにつながるようにします。

      また、手元をほとんど見なくても、正確な打鍵が出来るようにします。


  楽譜を見ながら、曲をイメージする


      今度は 1番とは逆からのアプローチ です。
      CDはストップして、楽譜を見ながら、頭の中で鍵盤をイメージする練習。

      楽譜 に対して、今度は
      音符から、頭の中で正確な鍵盤 をイメージしてみます。

      

      このとき (記憶からではなく) 音符から鍵盤をイメージすることを
      意識してください。

      自分がその楽譜を初めて見たときの意識、
      つまり初見のときと同じ意識で、その音符の示す鍵盤  をイメージします。



      このような音符のかたまりが出てきたとき、
      どれだけ速く、正確に鍵盤に結び付けられるか?

      それが 「初見力」 のベースですから、
      ひとつひとつの音符を、ドレミ……と計算していたら、とても間に合いません。


      ですから、音符を見た瞬間、何も考えなくても、

      反射的に鍵盤のイメージが頭の中に浮かぶよう、


      

      の 「イメージ」 を持って、音符を読む訓練をしてみてください。

             ・
             ・

      この練習は、頭の中の記憶からテキトウに音を再生して、
      楽譜のほうはボーッと見ているのでは、意味がありません。

      その音符ひとつひとつが どの鍵盤を示すのか? 


      それを丁寧にイメージしながら 楽譜を読んでみましょう。


      この2つの訓練は、両方合わせても 10分程度ですが

      音符を高速で読み、音符の意味を理解する

      という技術に直結するので、見た目以上に 効果の高い練習 です。



 手元をほとんど見なくても 弾けるようになる


      今まで、こういうアプローチの経験のない方は、
      慣れるまでは時間がかかるかもしれません。

      また、ちょっとでも油断をすると、再び 「ドレミ……」 と数えだしている
      自分に気づき、意識の切り替えが難しいと感じるかもしれませんが、

      この意識で音符を読むようになると、
      手元をほとんど見なくても弾ける ようになるのです。


      「いかに、手元を見ないで弾けるか?」 という技術は、
      初見のときに、かなり有利に働きます。

      ぜひとも身につけたい技術ですよね。




  「♯」や「♭」の多い調  (指が勝手に黒鍵へ動くように!)

  
音符の読み方  音符の読み方


初見の天才になりたい
   初めて見た楽譜もいきなり弾ける

初見のためのトレーニング
  初見大王になるためのメニュー

楽譜に慣れるトレーニング
  CDの読譜速度に、目を慣らす

音符と鍵盤を一致させる
  楽譜から鍵盤を想像する!

「♯」や「♭」の多い調
  指が勝手に黒鍵へ動くように!

「ドレミの歌」で絶対音感
  楽譜を見れば、音がイメージできる

演奏のシミュレーション
  初見大王を目指すトレーニング


   

     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩

    (姉妹サイト)

   

     

     初見のHPへ


    
(姉妹サイト)

  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ

  
(音符の読み方)