ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  数だけで押し切ろうとしてませんか?
menuへ戻る


  あれ? おかしいなもう一回! というのは
  成功ではなく 失敗に、リピートかけているのです

  (やればやるほど、ミスのクセが上塗りされてしまう)


  なんでできないんだろう!
  こんなにたくさんやってるのに!


    一生懸命頑張ってるのに、できるようになるどころか
    気がついたら、あっちもこっちも、 「ミスのクセ」 の山!

    いったいなんなんだ?

           ・
           ・

    ピアノの練習は、やった通りにインプットされます!

    ですから、成功ではなく 失敗に、リピートかけてたら、
    それは見事に 「ミスのクセ」 としてインプットされてしまうのです!


  えっ? 弾いたときはそうでも、
  ちゃんと 修正された形 で記憶されないのですか?


    そんなことはありません! それどころか・・・・


    【同じ失敗を繰り返す】

   ・  ああん! うまくいかない、今の演奏は なかったこと にして・・・・
   ・  今のもナシ! 次こそが本番!


    そう思いながら、同じ失敗を繰り返していませんか?
    傷口を悪化させてますよ?



  ミスをしてしまった! そこしか見てない


    いざミスが起こったときに、


 今のは違うんです! 今のはなかったことにして、もう一回!


    1度の失敗から学習 するどころか、その失敗をなかったこと にして、

    今のはなかったことにして、もう一度! と、同じ失敗をやってしまう!

         ・
         ・

    その 「もう一度」 を何度も繰り返すうちに、

    うっかり 「悪いクセ」 の方を、指が学習してしまったらどうなりますか?


  なんかココ、いつも間違える! (ミスのクセのできあがり!)


    何度も同じところで 「ええとぉ・・・」 と止まったり、

    何度も同じところで
    同じミス ばかり繰り返してたら 「ミスのクセ」 がつくのは当たり前!


 えっ? 練習ではそうでも、
 正しい方を学習してくれるんじゃないんですか?


    そのような思い込みで、さらに 「ミスのクセ」 が繰り返されていたのです。



  ミスをしてしまった! そこしか見てない


    上達が遅い人に共通しているのは、
    目の前の練習で、やり直し が多い!

    やり直しが多い とは、「成功に よけいな時間がかかる」 ということ!

    同じ成功を取るまでに、1分 で出来る人と
    10分 かかる人では、上達には10倍の差が生まれます。

    その差とは、目の前の失敗からの 「学習能力の高さ」 なのです!


    【羊さんの話】
  我々の多くは、
  他の羊と同じ行動しかとれない 愚かな羊によく似ている。

  その羊は、前の羊が 橋の右側を渡って川に落ちるのを見ていながら
  自分もその後にしたがって 川に落ちこむのである。

  前の羊が川に落ちたなら、自分は左側を行けばよい。

  その注意と独創力を 持てばよいのに、
  多くの羊は それに気づかないでいる。           ハースト


    1度でミスが直るどころか、同じ間違いを何度も繰り返して

    何度も川に落ち続ける 羊さん になっていませんか?




  とにかく頑張ることが大事  (結果だけ 変えたいと思ってる)

  
大人の初心者  大人の初心者


練習しても上手にならん
  「ただ頑張るだけ」 はダメ

犬とワンワンの話
  大人なのに子供みたいな練習

いつも同じところでミスする
   なんで私は出来ないの?

ムキになって練習してる
  できなくてイライラ!

とにかく頑張ることが大事
  「結果だけ」 変えたい

自分と逆の意見に注目
  誰でも知ってる答え ではガッカリ

   

     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩

    (姉妹サイト)

   

     

     初見のHPへ


    
(姉妹サイト)

  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ

  
(大人の初心者)