ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  Franz Liszt (1811-1886)
menuへ戻る


    Franz Liszt

    ハンガリー生まれの音楽家で、特にピアニスト、作曲家として活躍。

    超絶的な技巧を持つピアニストで 「ピアノの魔術師」 と呼ばれた。

    1831年にパガニーニの演奏を聴いて感銘を受け、自らも超絶技巧を目指した。


  ◆伝説のピアニスト・リスト

    リストは、パリ時代 (10代後半) とワイマール時代 (40代?) に
    ピアノ教師としての活動をしています。

    ワイマール時代のリストは、伝説のピアニストとしての活動を終え、ひっそりと指揮活動を
    行っていましたが、彼の元にはたくさんの音楽家が教えを請いに集まり、

    ワイマールはこの時代、音楽教育の中心地となりました。



 伝説のピアニスト・リストについてのエピソード


    リストがチェルニーの弟子だった事実は有名です。

    リストは少年時代からの天才だったので、チェルニーはリストの演奏を一目見るなり
    その才能にほれ込み、レッスン代をとらずに教えたと言います。

    しかし、演奏スタイルは非常に奇妙で、この頃から、ピアノの暴れ馬のごとく
    身体全体、大げさなアクションで弾いていたそうです。

    その後、チェルニーの元を去りますが、当時のバイオリニスト、ニコロ・パガニーニの
    悪魔的な演奏に非常に感銘を受け、

    彼は「伝説の技術」と「伝説の破壊屋」の道を歩み始めることになります。


    しかし、演奏のパフォーマンスだけでなく、ピアニストとしての腕も相当なもので、
    ピアニストとしての評価は同時代のショパンより、遥かに上でした。

    その後、リストのライバルとして、タールベルクが現れましたが、結局聴衆の判定は、
    「どちらもすごすぎて、優劣がつけられない」 でした。

    結果、タールベルクは世界最高のピアニストと呼ばれたものの、リストはその上を行く、
    世界唯一のピアニストと呼ばれました。


    リストの演奏は、超スピード、豪快パワフルという弾き方だったそうですが、
    それだけでなく、ピアノ奏法に関しても、相当の技術を持っていました。

    しかし、リストは教師としての立場に立ったとき、自分の奏法に関しては
    指導しなかったようです。

    「私のやり方は真似てはいけない。私のやり方で、私は成功できたが、
    あなたはきっと失敗するだろう。これは私だからできたとしか言えないのだ」
 と。


  伝説のピアニスト・リストの名言

    演奏家は作品の消極的な召使いではない。

    作品の演奏は、音符どおりに弾けばよいというものではなく、
    創造的能力を必要とする。

    また、その演奏の価値は芸術家としての教養にかかっている。




  プロも弾き方間違えてるの? (教科書はあくまで、万人に向けた正論)

  
表現練習  表現練習


大人のレッスンは違う
   子供時代 と同じ練習してない?

練習曲で知識が止まってる
  名曲なのに、自分が弾くと単調


   


ヨーゼフ・ホフマン
   ピアノの天才、ホフマン先生

ウラディミール・ホロヴィッツ
  ピアノの鬼才、ホロヴィッツ先生

F・F・ショパン
  ピアノの詩人、ショパン先生

フランツ・リスト
  ピアノの魔術師、リスト先生


   


プロも弾き方間違えてる?
   教科書はあくまで、万人への正論

指の形はプロに学ぶ
  場面ごとに柔軟に指の形を

アシュケナージの分析
  アシュケナージの音の秘密

ホロヴィッツのピアノ分析
  指を寝かせて運動量を少なく

ヨーゼフ・ホフマンの分析
  ホフマン奏法の注意点




     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)


     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ


    
(姉妹サイト)
  
表現練習