ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  プロも弾き方を間違えてるの? (ピアノ奏法)
menuへ戻る


    まず最初は、よく初級ピアノの本に載っている、
    手の基本フォームというのを思い出してみましょう。

    「卵を握った形」 とか、「グーを作った後、力を抜いて、自然に広がったときの形」
    「上から見て、爪が見えない形」……。

    本によって、多少表現も違ってきますが、

    常に指先を立てて弾くというのが、日本で教わる一般的な指の形です。


〔写真はアルトゥール・ルービンシュタイン 1887-1982〕


    しかし、実際にプロのピアニストの指の形を見てみると、

    意外に 「卵を握った形」 から離れている人も多い のがわかりますか?


    例えば、パデレフスキー (1860-1941) やホロヴィッツ (1904-89) は、
    指を全体的に平たくして、大袈裟に言うと、点字を読むような感じで弾いています。


パデレフスキー(1860-1941) ホロヴィッツ(1904-1989)


    また、ヨーゼフ・ホフマンは、卵を握った形と点字の形のほぼ中間の弾き方です。

    しかも、写真を見比べると、全員、手の形が微妙に違います。


ヨーゼフ・ホフマン

 あれ~私が教わった形と全然違う!
 プロのピアニストでも、間違って弾いているのですか?


    プロはそれぞれ、自分で試行錯誤を繰り返した末に到達した「形」を持っています。

    また、流派の違い というのもありますので、
    ピアノ奏法は、唯一無二の 「これが正解!」 というのはないのです。



  硬直した考え方にならないこと!


    受験勉強的に 「この条件にはこの答えが○で、それ以外は×」

    という指導を受けてしまうと、教わった側は

    「この基本形から絶対に崩れないように」

    と自分を縛るようになってしまいますが、本当は逆なのです。


    音楽的な音を追求すれば、それに応じて手のフォームも
    変わってくるのですから、その場面に応じて

    自分が一番いい音が出せる形を見つけ出すことも大切です。

           ・
           ・

    同じことは、以前購入した

    『ハーバード大学教授がこっそり教える あなたの「天才」の見つけ方』

    という本にも書いてありました。


   教わることを、丸呑みするような勉強方法より、

   「もしかしたら、違う答えもあるかも?」

   と疑うほうが、学習効果が高くなる。


     引用元 『ハーバード大学教授がこっそり教える あなたの天才の見つけ方』


    基礎を繰り返しさらうという漠然とした方法では、
    まずもって平凡な結果しか得られない。

    たとえばテニスの場合。

    私はテニスキャンプで、ラケットの持ち方やサーブのトスの上げ方をこまかく教わった。
    キャンプに参加していた全員が、同じやり方を教わった。

    その後、テニスの全米オープントーナメントの試合を見ていた私は、

    一流選手たちの誰ひとりとして、私が習ったやり方ではサーブしていないことに気づいた。

    しかも、選手ひとりひとりのサーブのやり方は、少しずつ違っていたのだ。


    学問であれ、運動であれ、芸術であれ、本当の専門家から直接技能を習う人は
    一握りにすぎない。

    私たちが教わるやり方 は、

    こうすればよいと広く信じられている事実に基づいてはいても
    私たちひとりひとりの能力に基づいているわけではない。    (一部略あり)


    例に挙げられていた テニス を、ピアノ に置き換えても、そのまま意味が
    通ってしまいます。


    子供の頃のレッスン で、演奏姿勢やフォームを細かく教わったが、

    後で一流ピアニストの演奏を見たら、誰一人、私の習ったやり方では
    弾いていないことに気づいた。

    しかも、皆それぞれ弾き方が微妙に違う。

           ・
           ・

    ですから、たとえ教科書どおりの正論であっても、そのまま鵜呑みで終わらせず、
    自分なりに考え、工夫も加えること。

    それも、音楽表現のためには、大切なことではないでしょうか?

             ・
             ・

    ちなみにピアノ奏法については、同名の書籍、
    井上直幸先生の、ピアノ奏法 という本は、とてもいい本です。

    また、田村安佐子先生のピアニストへの基礎と、
    ジョセフ・レヴィーンの ピアノ奏法の基礎も、読むとアラビックリ!

    そんな弾き方があったなんて知らなかった! という発見があると思います。


 ※  購入者の評価はどうなのか?
    買う、買わないは別として、コメントだけでも確認してみてください) 





  指の形はプロに学ぶ  (場面ごとに柔軟に指の形を変える)

  
表現練習  表現練習


大人のレッスンは違う
   子供時代 と同じ練習してない?

練習曲で知識が止まってる
  名曲なのに、自分が弾くと単調


   


ヨーゼフ・ホフマン
   ピアノの天才、ホフマン先生

ウラディミール・ホロヴィッツ
  ピアノの鬼才、ホロヴィッツ先生

F・F・ショパン
  ピアノの詩人、ショパン先生

フランツ・リスト
  ピアノの魔術師、リスト先生


   


プロも弾き方間違えてる?
   教科書はあくまで、万人への正論

指の形はプロに学ぶ
  場面ごとに柔軟に指の形を

アシュケナージの分析
  アシュケナージの音の秘密

ホロヴィッツのピアノ分析
  指を寝かせて運動量を少なく

ヨーゼフ・ホフマンの分析
  ホフマン奏法の注意点






     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)



     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ


    
(姉妹サイト)
  
表現練習