ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  指の形はプロに学ぶ (ピアノ奏法)
menuへ戻る


     自分の手の 「形」 とプロの手の 「形」 を、じっくり見比べてみましょう。

     「まずは形から入る!」

     そして、音を聴きながら、自分の出したい音のイメージに合わせて
     「形」 の細部を 微調整


     最初は手の形から音へ。そして、音を聴きながら、音から手の形の修正へ。

     何回も、試行錯誤を繰り返しながら、徐々に、その音に合わせた
     自分の理想の形を見つけていきます。



  場面ごとに柔軟に指の形を変えています


     教わったことを尊重し、理解したうえで、自分なりの工夫も加えてみましょう。


  それって、形を気にせず、自由に弾いてもいいってこと?


     もちろん、基本とすべきフォーム は、当レッスンでも推奨しています。

     しかし、手段と目的を取り違え、形に縛られすぎると、

     「臨機応変」 という、一番大切な意識が芽生えません。


     必要以上に形に縛られると、そればかりに気を取られ、逆に道を誤ってしまうのです。

             ・
             ・

     例えばffの表現など、指の力だけで音を出そうとすると、音が割れて荒くなります。

     大きな音を出すときは、指よりむしろ上半身。
     上半身の体重を乗せて弾いたほうが、重厚な音が生まれるのです。

     逆にppの場合、背筋をやや後ろにそらし、肩からの腕の重みだけで
     弾くと、微妙な音量のコントロールもしやすく、美しい音色になります。

             ・
             ・

     実は、一流の演奏家も、場面ごとに柔軟に指の形を変えています。


     手の形は、目的ではなく、手段です。 いい音を出すための方法の一つ。

     出したい音色によって、教わった弾き方が最適な場合もあれば、
     違う弾き方が最適の場合もあるのです。

     ですから、ワンパターン に自分を押し込んで身動きが取れなくなるより、

     いろいろな弾き方を知っていて、状況に応じた形を使い分けられる
     ほうが、自分の表現の幅が広がってくるでしょう。

             ・
             ・

     また、自分の理想のピアニストの演奏が、youtubeに映像としてUPされてるなら、
     それも参考にしてみましょう。

     そのピアニストの演奏を、形から真似ることは、
     細かい指の動きまで注意して見る分、自分の観察眼を養うことにもなります。


     たとえその映像が、自分の練習中の曲とは全然違うものでも、
     大ピアニストの映像から上達のヒントは得られます。

     youtubeに出てきた大ピアニストの弾き方と、自分の弾き方を
     比較したいと思ったら?

     鍵盤の端の方に、スタンド付きの鏡を置いて、
     自分の指の形を、鏡を通していつもと違う角度から見てみましょう。

     あるいは、携帯の動画撮影モードで、手元を撮影してみるのもいいかもしれません。

     頭の中で、youtubeのピアニストの手の形を思い出しながら、
     実際の自分の手の形を見比べてみると?

             ・
             ・

     ココが違ってる! と感じたところに、今後の練習のヒントが見えてきます。




  アシュケナージのピアノ奏法分析 (アシュケナージの音の秘密は何か?)
  
表現練習  表現練習


大人のレッスンは違う
   子供時代 と同じ練習してない?

練習曲で知識が止まってる
  名曲なのに、自分が弾くと単調


   


ヨーゼフ・ホフマン
   ピアノの天才、ホフマン先生

ウラディミール・ホロヴィッツ
  ピアノの鬼才、ホロヴィッツ先生

F・F・ショパン
  ピアノの詩人、ショパン先生

フランツ・リスト
  ピアノの魔術師、リスト先生


   


プロも弾き方間違えてる?
   教科書はあくまで、万人への正論

指の形はプロに学ぶ
  場面ごとに柔軟に指の形を

アシュケナージの分析
  アシュケナージの音の秘密

ホロヴィッツのピアノ分析
  指を寝かせて運動量を少なく

ヨーゼフ・ホフマンの分析
  ホフマン奏法の注意点






     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)



     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ


    
(姉妹サイト)
  
表現練習