ピアノが上手になる超簡単ヒント集
  ホロヴィッツのピアノ奏法分析 (ピアノ奏法)
menuへ戻る


     ウラディーミル・ホロヴィッツのピアノ奏法


  指を寝かせて運動量を少なく。
  鍵盤から2cmほどしか指を離さない。
  大きい音がキンキン響きやすいので、右手のメロディーを
  浮き立たせるときは、OK奏法。

     ホロヴィッツのピアノはいろいろな意味で個性的と言われますが、

     その源は、フランツ・リストに匹敵した偉大なピアニスト、
     アントン・ルビンシュタイン (1830~94) に行き着きます。

     アントン・ルビンシュタインは、伸ばした指で弾く重量奏法の先駆者で、


     「ピアノを人声のように歌わせる奏法を持ち、温かさ、華やかさ、ロマンティックな
     ときめきなどを聴き手に伝えた」

     「彼の手から生まれる音が詩的な美の極致に達する時、それは器楽的
     ベル・カント(美しい歌の意)の偉大な芸術である事を人々は理解した」


     と当時評されていたそうです。


     ちなみに、ホロヴィッツの特徴である、伸ばした指は、

     「ショパンのスタイルをラフマニノフの時代へと続けた技巧派ピアニスト」 と評された
     フェリックス・ブリューメンフェルドの指導によるものです。



  ホロヴィッツのピアノ奏法分析


     「ホロヴィッツ・イン・ウイーン」 というDVDの映像から、
     指の動きを分析してみました。


   ●座り方


     椅子とピアノの位置関係は、近すぎることも遠すぎることもない、適正な位置
     と言えるでしょう。

     背筋はまっすぐ伸ばして肩の力を抜いて座っています。
     腕の重さが、ストレートに肘と手の平に伝わっています。

     右の写真は、やや前傾姿勢ですが、背筋が伸びて、猫背にはなっていないことから
     上半身の重みを腕に加えるためと推定されます。

     鍵盤の位置に対して、肘はやや下がり目 (その分椅子は低め)

     鍵盤に正対したまま、演奏中はほとんど上体を動かさない。

     ちなみに、鍵盤に対して手首が低いのは、ppでレガートを弾くときに、
     音量のコントロールをしやすいためと思われます。


   ●奏法

     伸ばした指と、立てた指、主に2種類使い分けています。

     さらに、響きに対してとても敏感で、出したい音色によって、手首の位置も変え、
     タッチを使い分けています。

1.寝かせた指で鍵盤を沈める。(写真 左手) 2.猫の穴掘り。(写真 両手)
3.指を立てて、垂直に振り下ろす。
(写真 右手)
4.横から見ると、
  ひらがなの「へ」の字。


   ●印象

     鍵盤の上で、両手でタクトを振る指揮者。
     大きな音も小さな音も、密度の高い音を合理的な動きから出しています。

     ほとんどの写真で、右手と左手の形が異なっています。

     メロディーと伴奏の音色に差をつけ、音量だけでなく、音色で表現したいラインを
     明確に浮き立たせています。

     また、「緩から急へ」 メリハリをつけていて、音に律動があります。

     一本調子な演奏とは対極に位置します。


   ●親指

     親指は鍵盤に平行。
     アシュケナージと同じく、親指を寝かせ、爪の外側を当てています。 (斜めにならない)

     しかし、硬い音が欲しいときは、やはり親指は斜めに使っています。
     手首の位置が、高くなっているところに注目。


   ●指の運動量

     指の届く範囲内なら、ほとんど動きが見られません。

     自動演奏のピアノの上に、ただ指を乗せているだけに見えるほど、
     無駄な動きは徹底的に排除されています。


   ●使う関節

     基本的には第3関節を軸に弾いています。
     しかし、右の写真のように第2関節で弾くことも多く見られます。

     黒鍵を弾いているときと、白鍵を弾いているとき、小指の付け根の位置が
     ほとんど変わりません。


     この奏法に興味を持たれた方は、ぜひ 「Youtubeの映像」 もご覧になってください。

     当ページを iPad や スマートフォン で表示して、この解説を見ながら
     Youtubeの映像 (スロー再生) でホロヴィッツの手の動きをよく観察すると、

     「この音色を出すには、この動きなのか!」 というのがわかります。


  関連リンク……ウラディミール・ホロヴィッツのYoutube




  ヨーゼフ・ホフマンの分析  (ホフマン奏法の注意点)

  
表現練習  表現練習


大人のレッスンは違う
   子供時代 と同じ練習してない?

練習曲で知識が止まってる
  名曲なのに、自分が弾くと単調


   


ヨーゼフ・ホフマン
   ピアノの天才、ホフマン先生

ウラディミール・ホロヴィッツ
  ピアノの鬼才、ホロヴィッツ先生

F・F・ショパン
  ピアノの詩人、ショパン先生

フランツ・リスト
  ピアノの魔術師、リスト先生


   


プロも弾き方間違えてる?
   教科書はあくまで、万人への正論

指の形はプロに学ぶ
  場面ごとに柔軟に指の形を

アシュケナージの分析
  アシュケナージの音の秘密

ホロヴィッツのピアノ分析
  指を寝かせて運動量を少なく

ヨーゼフ・ホフマンの分析
  ホフマン奏法の注意点






     
    初心者の方へ


  大人の初心者の方や
  小学生に向けた、はじめの1歩


    (姉妹サイト)



     

     初見のHPへ


  初見 ができるようになって
  ミスタッチを減らしたい方へ


    
(姉妹サイト)
  
表現練習