ピアノ教室

ピアノ教室

ピアノが伸びるには、先生にうまい練習法を教わろう!


東京にも、たくさんの教室があると思いますが
当教室は、 大人を専門 にしているピアノ教室 です。

そもそも、大人は子供と違って、

「毎日、猛練習してください」 なんて言われても、
そんなの無理ですよね?

なるべくなら、恐い先生に怒られながらでもなく
毎日猛練習でもなく、

先生の教え方のうまさによって、楽しくスイスイ伸びたいですよね?



イラスト 『ピアノの上手下手』 は才能や練習量だけではありません

当レッスンは、 普通の先生より 「よい結果」 を期待されて、皆さん習いに来られます。
ですので、今から、普通の先生とは違うこと を言います・・。

「ピアノが上手になるためには、毎日長時間の練習しかない!」

という考え方は改めてくださいね。


イラスト あれ? 普通の先生とは、言ってることが違うよ!

スポーツの世界でも、昭和までの日本は、

「練習の質」 より 「根性論」 が言われていて、
一日も休むことなく、猛練習すること! が推奨されていました。

ピアノの場合も、今のところはまだ 「一日も休むことなく、猛練習するほど伸びる」 と
信じている人がほとんどですが、普通のOLが、 

「ピアノが上手になるためには、毎日長時間の練習しかない!」

という定説を信じてると、結果はどうなるか?

 もっと練習すべきなのはわかりつつも、
 夜中は、家族や近所に迷惑になるから弾けないし

 昼間は仕事で、家に帰ってからしか練習できないので
 結局、まともに練習できるのは土日しかありません

練習したくても出来ない (からピアノが伸びない) ・・。
それにスッポリはまってしまいます。

練習量がすべて だったら、この時点でアウトです。

ですから、普段の練習の方向性は 「いかにたくさん練習するか?」 ではなく、
「いかに効率的に終わらせられるか?」

そちらのほうが、練習環境から見ても、現実的です。


3時間かけて練習したとき、3時間分の効果が出ていると感じていますか?
          ・
          ・
もし感じられないのなら、今のやり方では、さらに練習量を増やしても、上達は見込めません。
逆に削るべき!

イラスト えっ? 削るんですか?

3時間かけて練習したとき、3時間分の効果が出ている なら増やしていいのです。

でも明らかに、サボってたわけでもないのに、
3時間やったのに、1時間分の効果しか出ていないとなったら

今のまま、たとえ一日中ピアノに向かい続けたとしても、
せいぜい、2~3時間分の効果にしかならない。

それどころか、時間を増やせば集中力も落ちるので
さらに効率ダウンも考えられる……

イラスト 理想を言うなら、「1時間で2時間分の効果」 を目指したいです

だから、
3時間かけて練習したとき、3時間分の効果が出ていると感じているか?
    ・
    ・
もし感じられないのなら、
その練習を 「短期集中型」 に変えてみるのです。

すると、 1時間の枠内に詰め込む練習量 が格段に増えます。
制限時間内にたくさんの課題を ギュッ! と押し込むようになりますから。

そういう練習のやり方をマスターしたあと、
その練習時間を、元の2時間、3時間に戻せば、

今までより進歩が各段に早くなるんです!

後から振り返ったとき、「上達に 時間がかかりすぎた」 と感じた練習!
それは・・・・・・

「真面目に練習していた」 ではなく、「練習が失敗していた」 と言います。

だからピアノも、先生から効果的な練習法を教わるだけで、今までの自分とは
伸び方が変わってくるのです。

練習が、今日から成功するようになるから、それも当然!

 次のページは……     時間の使い方を上手に