? 東京の大人のためのピアノ教室(高円寺)

ピアノ教室

ピアノ教室

ピアノが伸びるには、先生にうまい練習法を教わろう!


このHPを見ている方は「教え方の上手な先生」を探している方が多いと思います。

先生の教え方によって「今後の伸び方」も変わってきますから、先生選びはとても重要です。

でも、教わる先生が変わるだけで、そんなに差が出るものですか?
みんな同じじゃないんですか?



イラスト 教え方が上手なだけでなく、頭のいい練習法も教われるか?

誰でも、最初は 「下手ッピ」 からスタートします。

しかし当レッスンでは、習い始めてまだほんの 「数ヶ月」 なのに、
本人も驚くほど、グングン上達している方がいます。

この秘密は何でしょう? 本人の才能? 先生の教え方?

そもそも、「伸びる練習」、「伸びない練習」の違いって、どこにあるかわかりますか?
  ・
  ・
イマイチよくわかりませんよね?

これは、「字の上手 下手」 におきかえると分かりやすくなります。

字が上手になりたかったら、どうすればよいでしょう?

毎日毎日、ヘタな字を書き殴ればいいの? というと、違いますね。

上手な字を書きたいなら、理想の字に向けて、今のヘタな字を修正しないといけません。



   あ


この、字が上手になっていく過程を見れば、

「ピアノが上手になりたい」 → どういう練習が効果をあげるのか、方向性が見えてきますね。





皆、上手になりたくてピアノを練習しています。 しかし、

「理想のピアノの音」 に向けて、「下手な状態」を少しずつ修正していかなければ、

何度練習しても、最初の のまま、あまり変わりません。 字が上手になりたいのに、そのための練習が・・・

「下手な字を、長時間書きなぐる」

これでは意味がありませんよね?

でもピアノの練習では、それと同じ失敗にハマッている人が、たくさんいます。

キレイな音を出したいのに、そのための練習が、

「下手な音を、何時間も弾きまくる……」

心当たりありませんか?





小さい頃、ピアノを習っていた方の多くは、

 「何年も習ったわりには、あまり実力が伸びなかったなぁ」

と感じていたと思います。 それはなぜだか分かりますか?
          ・
          ・

  「今はまだできないけど、何度も練習するうちに、指も滑らかになって  
  ミスも減って、表現も上手な演奏ができるようになるだろう!」  

と 「甘い幻想」 を抱きながら、楽譜の表面をなぞるだけで、

ピアノが上手になりたいのに、肝心の ピアノが上手になるための練習 をしていなかった!

理想の音を全く意識せず、下手な の状態を なぞる練習ばかりしていたら……。
いくらやっても 上達できないのも、当たり前ですよね?

何回繰り返したか? 何時間やったか? ではないのです。

その練習の結果、何が修正されたか? なのです。

だから今までの失敗とは反対に、先生からテクニックのコツや、練習の裏技などを教わって

    1. 音符が読めない → スラスラ読めるようになった!
    2. 指の動きが遅い → 指が速くなった!
    3. 私の演奏は音が荒い → 音がキレイになった!

その修正が、的確で速いほど、スピーディに上手になっていきますよね?

そのやり方は、先生次第で意外に簡単に直るのです!

誰に習っても同じ……ではないのです。

実際には、先生から教われる情報は、ピアノだけではないのです。


 次のページは……  練習曲制覇の落とし穴